自賠責保険とは、車に掛けられている強制保険(加入が義務付けられています)になります。車を運転する上で、最低限の義務になります。車、バイクなどは加入必須ですね。

この自賠責保険は、自分が掛ける保険なのですが、運転手自身には使えず、全て相手の為に使える保険になります。さらに、交通事故によって被害を受けた方の人身事故の部分の保障のみを対象とし、物損の保障は一切ありません。

通常、車検の際に自賠責保険に再度入り治す場合がほとんどですが、引っ越しやいつの間にか車検が切れていたなどで自賠責保険が切れたまま車に乗っていて事故に遭ってしまった場合は大変です。定期的に保険の期限などをチェックしましょう!

ここまでのポイント

・車を運転する上での加入必須の保険です。

・運転手本人には使えない。

・人身事故のみが対象。

・車両の破損などは、別途任意保険に加入する必要がある。

 

自賠責保険の保障範囲

補償額は、被害者様1人あたり、個人個人になります。

・傷害の保障(ケガ)・・・120万円までです。

・死亡された場合の保障・・・3000万円まで

・後遺傷害の保障・・・4000万円まで

上にも書きましたが、人身事故の部分のみの保障になります。

車の保障や、電柱、ガードレール、人の家の壁などを壊してしまった場合は一切出ませんのでそういう事態に備えて、任意保険で車両保険や対物保険無制限などしっかり掛けておくことをお勧めします。

ここまでのポイント

・障害の保障は120万円までと決まっている。

・上記の損害保障範囲をオーバーした分については一切出ない。

・車や電柱などの破損など、物に対する補償はない。

 

もし、車の保険のことなどで分からないことや疑問点、不安に思うことがありましたら、夜10時まで受付している高崎市のなかむら整骨院に何でも聞いて下さい。当院では交通事故でお困りの方が沢山来られていて、様々なケースの方が来られます。あなたにあった最適なアドバイスができるので、どうぞご安心下さい。

このページをシェアする