※この記事は5分弱で読めます

交通事故の画像

はじめに

交通事故に遭ってしまった場合、その後必ず聞かれるのが物損事故か人身事故か、どちらにするか?だと思います。

 結論から言えば、

高崎市のなかむら整骨院では「人身事故扱い」にした方がいいですよとアドバイスしています。

 

・・・なぜか?

 

「軽い事故なら物損事故扱いでいいのでは?」

と思われた方もいるでしょう。

 

しかし、交通事故特有のケガの痛み・違和感は、事故直後はあまり感じることがなく、少し時間が経ってから出てくるため、最初は判断が付きにくいのが難点です。

ですので、念のため人身事故扱いにしておく方が無難です。

 

このページでは、人身事故と物損事故では何が違うのか、それぞれのメリット&デメリットは何があるのかを細かく解説していきます。

違いが明確に分かる事で、万が一交通事故にあってしまった時に、あなたは迷いなく的確な判断ができるようになるでしょう。ぜひ、参考にしてみて下さい。

物損事故と人身事故、何が違う?

考えこんでいる女性

物損事故とは、交通事故にて被害を受けたものが車や車内の物、外の壁など物品のみである場合です。

人身事故とは、交通事故により車・物だけでなく、「人」がケガを負ってしまった場合に、人身事故となります。

この2つの大きな違いは、物損事故の場合は補償が車や物だけなのに対し、人身事故の場合は人への補償もある点です。

人への補償の中身についての話は、

交通事故でケガをしたらこれだけは知っておきたい補償の知識

このページに詳しく解説していますので、こちらをご覧下さい。

「物損事故」であることのデメリットとは?

デメリット

ほんのかすり傷程度の事故であれば、物損事故ですませるのもいいでしょう。

ただし、少しでも違和感や痛みなどあれば、躊躇なく人身事故にするべきでしょう。

物損事故として届けをしている以上、体は「何ともない」ことになっていますので、万が一後からあなたの体に痛みが出たとしても、加害者側の保険会社が補償してくれる事は一切ありません。

後々整形外科や病院に行ったとしても治療費は全額自己負担になってしまいます。

「これくらいの痛みの程度で人身事故にするなんて気が引ける」

「大げさと思わるかも・・・」

と思う事があるかもしれませんが、後でどのように痛みが変わるか分からないのが、交通事故のケガの怖い所です。

「人身事故」にするメリットとは?

OKマーク

人身事故にするメリットは、何といっても治療費や慰謝料など、人身事故による「人への補償」がしっかりと受けられる事でしょう。

交通事故によりケガをしてしまい、仕事を休めば休業補償が受けられますし、万が一症状が残ってしまい後遺障害の問題が出てきても、人身事故であれば対応することができます。

結局、物損事故は誰が得をするのか?

得した人

物損事故扱いにした場合誰が得か・・・?

もうお分かりですね。

相手の加害者さんです。

物損事故のみであれば、免許の点数に罰則がありません。

車と物を直して終わりになります。

加害者の方にとっては精神的にも金銭的にも楽でありメリットが大きいため、

「何とか物損事故扱いにしてもらえないだろうか?」

と言う加害者の方が多い訳なのです。

後からでも物損事故から人身事故に切り替えられる

二つの道

事故直後は体も全然大丈夫で問題ないと思い、物損事故にしてしまった・・。

そんな時でも、後から痛みや違和感が出てきて困った、我慢しなくてはいけないかというとそんな事はありません。

やっぱり時間が経って痛みが出てきましたよと後日警察に届け出る事で、物損事故であったものを、人身事故に切り替えることができます。

ただし、事故があってからあまりにも期間が空きすぎてしまうと、事故との因果関係が無いと捉えられ、物損→人身に切り替えができない可能性もありえます。

できるだけ早いうち(1週間から10日くらいまで)に整形外科・病院に行き、診断書を書いてもらって警察に届け出をしましょう。

なぜ、事故の痛みは後から出てくるのか?

むちうちの人

通常のケガの痛みであれば痛めてすぐ痛くなるものですね。

例えば、

・階段から落ちて足を捻った

・机の角に腕をぶつけた

 などと比べて、なぜ交通事故によるケガの痛みは、時間が経ってから出てくる事があるのか?

このことについて、少しお話していこうと思います。

 

事故直後ほとんどの方は、突然のアクシデントによって高い興奮状態になります。

このような時に体内では何が起こっているかというと、アドレナリンやエンドルフィンなど様々なホルモンが分泌されます。

アドレナリンとは副腎髄質から分泌されるホルモンで、体に対して痛覚の麻痺、心拍数上昇などが起こり、怪我をしても痛みを感じない状態になると言われています。

 

事故処理が済んで落ち着いてくると体の興奮も収まってきます。

そうすると、体の痛みを正常に感じ取れるようになってくるというわけです。

 

ここに書いてあることが全てではありませんし、交通事故にあったら全員このような状態になるとも限りませんが、このような事も起こり得るという事を覚えておいて下さい。

交通事故にあってしまったら、整形外科・整骨院へ行こう

病院の先生

交通事故にあったら、できるだけ早く整形外科へ

まず整形外科へ行き、先生の診察を経て、レントゲンを撮ってもらいます。

その後診断書を作成してもらい、警察に届け出をしましょう。

ここでのポイントは、事故が起きてから整形外科に行くまでの間、新たに痛む箇所が出てきた場合は先生にしっかりと伝えていく事です。

初診後のリハビリはなかむら整骨院へ

事故後のリハビリは、整形外科と整骨院で同時にやっていきましょう。

なぜかというと、整形外科と整骨院では、治療内容が違うためです。

整形外科では湿布、薬など投薬治療や温める治療が中心になるのに対し、

当整骨院ではマッサージやリハビリ運動、体の歪みを整える矯正治療などを行っています。

また、なかむら整骨院は夜10時まで受付しているため平日仕事終わりに通院しやすく、多くの皆様が来院されています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここまで読んで頂いたあなたは、人身事故、物損事故の違いがしっかりと理解でき、もし万が一事故にあった場合や、周りで事故に遭って困っている方がいたとしても、適切な行動・アドバイスができるものと思います。

今回ご紹介した内容以外でも、もしあなたが交通事故で怪我をして困った状態であれば、高崎市のなかむら整骨院にお電話下さい。具体的にどうすればいいのかアドバイスさせて頂きます。

ご連絡お待ちしております。

365日いつでもOK!無料電話相談受付中!

tizu

 

jikan

uketukejikan

uketukejikan-3

kyuusinnbi

このページをシェアする