もしも、交通事故にあってしまったらやっておきたい5つのポイント

~はじめに~

人間誰しも、事故にあうとは思っていません。まさか!というタイミングで起こるのが交通事故でもあります。事故に遭う、事故を起こしてしまうということは、車を運転している方であれば誰でも起こりうることなので、日ごろから交通事故にあったらどうしたらいいか考えておきましょう。

5つのポイント

①警察に連絡

事故にあってしまった、事故を起こしてしまった場合は、速やかに警察に連絡しましょう!軽微な事故や、急いていて時間がないなど事情があるかもしれませんが、きちっと連絡して下さい。後で痛みが出てきた場合、保険が使えず困ってしまうのは自分自身です。

②その塲で示談は絶対にしないこと

自分が被害者で相手が加害者の場合、相手から、何とか許してもらえないかとお願いされることがありますが、絶対にその場で示談など交渉するのは得策ではありません。例え大したことはない、警察に届けるのは面倒と思っても、必ず警察に連絡して事故の届け出をしましょう。警察に届け出れば、交通事故証明書が発行され、交通事故に対しての保険が適用されます。治療を無料で受けられたり、仕事を休んだ場合の休業損害など、しっかりした保障が充実しているので、安心して通院することができます。

③自分が加入している保険会社に連絡する

事故にあってしまった、事故を起こしてしまった場合のどちらの場合でも、まず自分の加入している保険会社に連絡をします。そこで、これからどうしたらいいかなどの説明をしてくれるので、保険担当者さんに色々聞いてみましょう。

④病院(整形外科)で診察を受けて、診断書を発行してもらう

例え軽い事故でも、念のため病院で診てもらいましょう。病院(整形外科)で診断書を発行してもらい、警察に提出すれば、人身事故として受理されます。

ワンポイント

診断書は、警察に提出してしまうため手元に残らなくなってしまいます。仕事場に提出する場合や、自分で掛けている傷害保険などで診断書が必要になることがありますので、念のため診断書のコピーを2、3部取っておくことをお勧めします。

⑤なかむら整骨院でリハビリを開始!

交通事故のケガは、人それぞれ発生原因が違うため様々な痛みや症状が現れてきます。なかむら整骨院では、おひとりおひとり事故の状況をお聴きし、あなたの症状をしっかり理解した上で、最適な治療を行っていきますので、どうぞ安心して来られて下さい。

このページをシェアする